設計業務 
           得意分野 建設コンサルタントと事前協議の上、官公庁との打合せに伴い、電気設備工事の基本設計および実施設計を行ないます。
分野 設計・調査・見積

 県・市町官公庁

 都道府県・市・町入札による物件 市役所庁舎総合庁舎総合病院健康センター消防署警察署競馬場ボートトレース場

 業務

 本社ビル・本店・支店・営業所・金融融機関支店

 工業

 工場・クリーンルーム・リサイクルセンター

 運輸

 配送センター・物流センター・倉庫冷凍倉庫自動倉庫
 通信・報道  テレビ局・新聞社・テナントビル

 文化

 プラザ・センター・図書館・博物館・公民館

 宗教

 精舎・教会・礼拝堂・研修センター

 教育

 小学校・中学校・高等学校・大学・大学院・体育館・柔剣道場

 研究

 研究所・開発センター・実験棟

 レクリエーション

 ゴルフ場・水族館・レジャー施設・スーパー銭湯

 医療

 医療センター・個人医院

 集合住宅  住宅、アパート、マンション、大規模マンション

 福祉・厚生

 保育園・幼稚園・特別養護施設

 宿泊

 旅館・老舗旅館再生・ホテル・和風ホテル・レジャー施設・ビジネスビル

 地域計画再生

 再開発/集合住宅/商業開発事業・再開発/商業開発事業  都市開発計画に関連する建築設計に伴う電気設備。

 
     官公庁提出、内訳書、拾い出し、工事積算数量調書(エクセル版)、積算数量算出書(営繕積算システムRIBC)、工事見積書(見積書作成または工事業者へ見積依頼) 
 
  概算見積業務 
 
     工事費概算書(当社積算方式による) 、A材料の見積はメーカーに見積依頼。または工事費概算書の作成(国土交通省大臣官房官庁営繕部設備・環境課監修 「建築設備計画基準」による。
 
 設計業務見積提出業務 
 
     設計費、現場調査費、環境調査費、消防署(自動火災報知設備、誘導灯設備、誘導標識、自家発電機、蓄電池設備設置に関する事前協議費算出。電力供給会社、NTT、ケーブルテレビ、
      インターネット回線等の引込事前協議費算出。
 
 調査業務 
 
    @ 現場調査                   建築物既存改修、建築物移転、建築物仮設事業、既存建築物撤去等に伴う電気設備の現況調査をいたします。全国どこでも調査いたします。 
    A 電力会社による現場調査        電力引込に関する事前協議と打合せをいたします。
    B 消防署と事前協議           自動火災報知設備、誘導灯設備、非常灯設備 (階段等の連携)         
    C 非常用発電機の設置          設置届出との事前協議
    D 建築確認申請             非常灯設備・階段非常灯の事前協議 (建築設計事務所)  
 
 現場監理業務 
 
      自社設計における監理業務
 
 委託業務 [建築設計事務所向け] 
 
 電気設備設計 特別高圧、高圧、低圧、太陽光受電設備等の設計。
 拾い出し業務 (単価入れ) 拾い出し。エクセル版で提出。拾い出しのみ/拾い出し+単価入れ
 公共拾い出し業務(都道府県別) 拾い出し。工事積算数量調書(エクセル版)で提出。拾い出し+複合単価入れ(都道府県別) 単価の記載なき場合は調査。拾い図(カラー版)も同時に作成いたします。

 積算書

a 工事費内訳書     工事積算数量調書(エクセル版)で明細書に記載。
b 工事積算数量調書   拾い出しのデータを記載。 
c 工事積算単価調書   電気設備工事積算マニュアル(都道府県版) 複合単価の算出。  
  ・労務単価一覧表及び使用物価版一覧表  複合単価計算表には歩掛りの根拠とした書籍及びその掲載頁を記載するものとする。

  ・代価表

  ・別紙明細書

  ・複合単価表
  見積書及びカタログ
  ・見積及びカタログ比較表
  ・刊行物比較表
  単価根拠を物価版とした場合に限り、参照頁と出典のわかる表紙の写し
 単価

単価は原則として次に掲げる図書の単価入力時における最新号(以下、「物価版」という。)を使用するものとし、それぞれの物価版は同時期のものする。また、使用する物価版の選定には発注先担当者の承諾を要するものとします

a 県単価 b 建設物価(都道府県ごとに単価を記載) c 建築コスト情報 d 積算資料 e 建築施工単価

 数量

数量調書は、電気設備工事積算数量算出書とし、計算ソフトを使用して作成いたします。

 電気設備工事積算数量算出書 営繕積算システムRIBC ()建築コスト管理システム研究所による。(官公庁指定)
 既存電気設備設計図電子化変換委託業務
 技術資料の作成
 建築設備設計計算書 (電気設備) 照度計算書
負荷容量の選定 照明器具、コンセント、拡声用増幅器、テレビ共聴増幅器、火災受信機、電灯分電盤内組込機器
動力設備負荷表 (常用回路) 各分電盤ごとに
動力設備負荷表 (発電機回路) 各分電盤ごとに
動力負荷設備容量集計表 各分電盤ごとに
電灯分電盤回路構成表 各分電盤ごとに
電灯分電盤回路構成計算書 (1) 各分電盤ごとに
電灯負荷設備容量集計表 各分電盤ごとに
変圧器容量計算書 単相・三相・スコット
短絡電流計算書(三相3線) 各分電盤ごとに
短絡電流計算書(単相3線) 各分電盤ごとに
ケーブル許容電流計算書 高圧受電設備、低圧、動力分電盤、動力負荷
電圧降下(幹線) 電灯・動力
電圧降下(分岐) 電灯・動力
力率改善用コンデンサ容量計算書 単相・三相・スコット
直流電源装置計算
直流電源装置計算書
非常用発電設備計算書
太陽光発電計算書
テレビ共同設備 テレビ端子電圧計算書
 既存電気設備設計図電子化変換委託業務 製本→JWW PDF版→JWW 建築図作成可 建築図(JWW)のご支給のご選択を願います。
 電子化経営推進業務 
      電子化経営セミナー2018
    各業界へ開発された電子化製品を通じて、電子化経営を提唱します。             サポート企業 ソフト・システム開発 株式会社 藤原事務所(HOS)
 
 
 
  名称  株式会社 美彩光
  所在地  〒521-1334 滋賀県近江八幡市安土町西老蘇904番地
  電話番号  0748-26-2164
   FAX番号  0748-26-2164
copyright (C) 2017. BISAIKOU Co.,Ltd All Rights Reserved
 TOP | 建築設計のビジネスサポート
建築設計のビジネスサポート