TOP | 営業セミナー2018

 業界の業務体質を学びましょう。
 
戦場の環境状況を学びましょう。

  営業セミナーを希望される方へ
 数年前から、遠慮や気がねをせずに、自分の思うままに行動します。数少ない営業先だったら営業先を選択して活動します。しかし、営業をしたい、社長、担当者の方とお会いしたいと想う気持ちの営業先が10,000箇所を越える場合の活動方法は、数十年考え抜きましたが、しっかりとした方法は浮かびません。営業先を強い想いで「仕事をさせていただきたい」というお客様だけに絞り、活動するということは絞り込んで決定してしまうことになると考えました。営業成績が上がらない。しばらく受注がない。毎日が困った。困ったと考えて考えても、実績が上がりません。結論が出たのは、お客様と毎日毎日話をしていない日々が続きすぎたのです。現場で追われて、営業活動が出来ていない。現場を行かず、営業活動を行なっていても売上は止まったままです。「あっちが立たなければ、こちが立たず。」こんな日々が続き、知らないうちに、多くの方々に支えて頂きながら過ごさせて頂いています。この営業セミナーは、全国の電気設備工事業で働いておられる営業担当者の方、営業をしてみたいと考えておられる方、女性の方で営業をしてみたいと考えておられる方に営業学体験をおすすめしています。業界の業務の体質や戦場(営業競争)の環境状況を学ぶことから、即実践と活動により営業成果が生まれます。
 業界の業務体質を学びましょう。
@ 元請体制か、下請体制か、両立体制か
A 自社の得意な営業種目は。
B 受注先の営業種目は。
C 営業種目に対する提案営業を実行しているか。
D 受注先の発注体制と支払条件は。
E 社会にどれくらい自社は役に立ってますか。
F 諸団体との共有は。
G 学びに無頓着?
 戦場の環境状況を学びましょう。
@ 受注先ごとの競争相手の分析は。
A 受注先の工事・資材担当者との関係は。
B 受注先で官公庁、民間企業、住宅の受注率は。
C 自社の営業会議は実践継続されてますか。
D 世の中の動きを学んでますか。
E 受注先の誰と誰に営業活動するのか。
F 自分自身の営業力は何点ですか。
G こんな営業をやってみたい。(構想、理想)
H 提案営業の売上率はどれくらいですか。
I 営業を成功する自我像を抱いていますか。
 近江商人から学ぶ  ― 天秤棒をかついだ一介の行商人から豪商へと成長していった近江商人たち。―
@ 「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」の「三方よし」の理念。
A 近江商人たちに受け継がれてきた家訓や店則。
B 永い商売の実践を通じて得た信念。
C 理念には時代を越えた普遍性・有効性の存在。
D 近江商人の高い倫理性や社会貢献
E 日常の心構え。(倹約につとめて無駄をはぶき、普段の生活の支出をできるだけ抑え、勤勉に働いて収入の増加をはかる)
F 多くの示唆に富む味わい深い言葉。
G 時代や社会が変わっても、常に世間を重視する視点で商いを続けてきた近江商人の“哲学”や“商法”
 
 わたしの営業十ヵ条
営業は営業会議の主役。 法人会社で、人が多い、少ないは主役に論じないこと。無駄に時間を費やしています。有言実行で会議を継続させましょう。社長と管理職との唯一の癒し。
営業マンは社長代行職。 仕事を取る。誰が誰からその成果を得たのか。すなわち、営業マンは、性格がすばらしい。知識力が豊かである。勝負運が強い。
営業は人生最大の学びと感無量の想い。 仕事を取る。→ 現場を視察 → 現場からの学びを経験 → 仕事を取った喜びと現場で働く人から喜びを得る → 次回の受注構想
営業は名誉ある職。 こんなに名誉ある仕事は営業だけと言っても過言ではない。会社に貢献している気持ちを感謝に変え、社長とビジョンを語ることが出来る。
営業は経営の器をお客様に提供。 わが社で何が出来るのか。お客様が喜んで下さることが出来るのか。電気の本質を知り、お客様に技術提案を必死になって実行する。
営業は自信を深める経験値と学びを。 仕事を取れた時、すなおに大喜びしたか。大喜びの中に自信を深めることが出来たか。大喜びはひとりでしない。みんなで大喜びしましょう。
営業マンは人間味と最大の行動力が必須。 自分を磨く「ネタ」は、巨大な営業活動をする行動力の範囲に隠されています。毎日多くの方としゃべる事があなたの人間味を深くします。
営業は活動する計画を。 活動する計画よりも、自分を1件でも多く新規顧客の開発に活動することが大事と想った時点で、あなたは営業失格。あなたの自身を磨く計画なのです。
営業の情報は集める事から大きな成果へ。 情報を集めるのは「どこから」解っていますか。名刺配りではなく、会いたい人としゃべる事が大事。しゃべる人とは、常に愛を込めて情報を集めましょう。
営業は気ままであってはならない。 気ままであれば、あなた自身が信用を失う。遠慮や気がねをせずに、自分の思うままに行動することですが。気まま+見守ってくれている人のことを忘れないで。
 
 セミナーの申込みについて
このセミナーは、企業単位、諸団体単位、個人単位、仲間単位の方で実施しています。みなさんでセミナー実施の検討をされまして、貴社の担当の方、会社名、依頼内容等を記載の上電子メールにてお送り下さい。Mail にてお願いします。
貴社には、当社案内のハガキまたはメールが届いていますか。メールにてお聞かせ下さい。メールハガキの暗号を記載して下さい。受講料がお安くなります。
 
テキストの概要  1部 時間 セミナー形式 申込概要
目次 INDEX
1.社内体制を知る 1時間  プロジェクターセミナー
2.社会に対する貢献
3.営業種目の分析
休憩 Rest 10分
4.お客様を知る 1時間  プロジェクターセミナー
5.経営計画の把握
6.経営計画の実践
休憩 Lunch 10分
7.営業の戦略 1時間  プロジェクターセミナー
8.経営環境を知る
9.地域社会への貢献
休憩 Rest 10分
10.理想の会社づくりを描く 2時間  プロジェクターセミナー
11.営業会議の重要性
12.営業カルテの重要性
13.自己変革
14.営業する人の心得 ―近江商人から学ぶ―
質問 Question 20分  パネルディスカッション
宿泊ホテル 質問・アドバイス 2時間  1人5分。10人まで。質疑時間最大1時間   希望者は当日講師に申込んで下さい。
合計セミナー時間 5時間50分
 
 セミナー中の注意事項
セミナー中の注意事項 1. 携帯電話はサイレントモードにしてください。電話がかかってきた時は、休憩中に対応をお願いします。セミナー中は対応しないでください。
  セミナー中対応された場合は、セミナーを中止する場合がございますので予めご了承下さい。
2. 健康状態が悪くなったときは、講師に言って下さい。緊急の場合は本人からの要望においての緊急連絡者に連絡を取り対応いたします。
 受講者の方々には、その場で事情を説明し対応いたします。予めですが、その節は皆様のご協力をお願い致します。
3. セミナーの開始時間を予定通り開始します。遅刻または欠席されてもセミナーは他の受講者で実施いたします。
4. セミナーを途中放棄されても、他の受講者でセミナーは継続します。
5. セミナーの当日のキャンセルまたは途中放棄されても、セミナー受講料の返金は致しません。予めご了承下さい。
 
 
 
 
 
  
 
  名称  株式会社 美彩光
  所在地  〒521-1334 滋賀県近江八幡市安土町西老蘇904番地
  電話番号  0748-26-2164
   FAX番号  0748-26-2164
copyright (C) 2017. BISAIKOU Co.,Ltd All Rights Reserved