TOP | 業務説明
 美彩光のビジネスモデル
 業務説明
 設計内訳
 電気設備設計
設計種目
 構内配電線路設備 1.特別高圧引込設備 2.高圧引込設備 3.電力引込設備 外灯設備
4.低圧引込設備
 構内通信線路 1.電話引込設備 2.通信引込設備
3.通信設備 4.光引込設備 5.CATV引込設備
 受変電設備 1.特別高圧受変電設備 2.高圧受変電設備
 静止型電源設備 1.直流電源設備 2.交流無停電電源設備
 発電機設備 1.燃料系発電設備(原動機) 2.太陽光発電設備
 電灯設備 1.電灯幹線設備 2.電灯分岐設備
 (誘導灯設備・非常灯設備)
3.コンセント分岐設備
 動力設備 1.動力幹線設備 2.動力分岐設備 3.警報設備(火災受信機
 の複合盤も含む)
4.デマンド監視設備
 電熱設備 1.電熱幹線設備 2.電熱分岐設備
 避雷設備
 構内情報通信網設備 1.情報設備 2.LAN設備
 構内交換設備 1.交換機設備 2.電話設備 3.電話機設備
 出退・情報表示設備 1.時刻表示設備(電気時計設備) 2.出退表示設備
 映像・音響設備
 拡声設備
 誘導支援設備 1.音声誘導設備 2.インターホン設備 3.トイレ等呼出設備
 呼出設備 1.緊急呼出設備
 テレビ共同受信設備
 監視カメラ設備
 駐車場管制設備
 防犯・入退室管理設備 1.防犯設備 2.入退室管理設備
 防犯設備 1.自動火災報知設備 2.自動閉鎖設備 3.非常警報設備 4.ガス漏れ火災警報設備 5.住宅火災警報器設備
 中央監視制御設備
 総合監視盤設備
 テレビ電波障害防除設備
 電気設計平面図及び参考図
電気設備特記仕様書 官公庁用 国交省用 民間用 工業用 医院用
地方自治体用 集合住宅用 宿泊施設用 ソリューション用 医療センター用
教育用 (保育園、幼稚園、小学校、中学校、中学学園、高等学校、高校学園、大学校)
工事区分表 官公庁用工事区分表
民間用工事区分表
外構設備図 構内配電線路設備 構内通信線路設備 外灯設備図 弱電設備
電灯・動力幹線設備 動力設備 受変電設備 発電機設備 監視カメラ設備
高圧引込設備参考図 低圧引込設備参考図 地中埋設設備参考図 駐車場管制設備等
ハンドホール図 マンホール図 埋設杭図 埋設表示テープ図 接地工事図
適用接地工事 接地埋設表示板図
受変電設備図    推奨 = 「キュービクル式高圧受電設備推奨規定」の基準
          認定 = 一般社団法人日本電気協会による認定制度に基づく審査を受けたキュービクル
          キュービクル式高圧受電設備はJIS C 4620「キュービクル式高圧受電設備」による。
屋内変電所 屋外変電所 キュービクル式
特別高圧受電設備単線結線図 高圧受電設備単線結線図
姿図・回路構成表 総合監視盤姿図 回路構成表 電灯分電盤姿図 回路構成表 動力分電盤姿図
機器取付参考図 端子盤図 テレビ機器収納盤姿図 機器取付参考図
系統図凡例は適時 電灯・動力幹線設備系統図 構内配電線路設備 電熱幹線設備系統図 構内情報通信網設備系統図 構内通信線路
出退・情報表示設備系統図 映像・音響設備系統図 拡声設備系統図 誘導支援設備系統図
テレビ共同受信設備系統図 監視カメラ設備系統図 駐車場管制設備系統図 防犯・入退室管理設備系統図
自動火災報知設備系統図 自動閉鎖設備系統図 中央監視制御設備系統図 中央監視制御設備系統図
 設計業務 
     得意分野 建設コンサルタントと事前協議の上、官公庁との打合せに伴い、電気設備工事の基本設計および実施設計を行ないます。
分野 設計・調査・見積

 県・市町官公庁

 都道府県・市・町入札による物件 市役所庁舎総合庁舎総合病院健康センター消防署警察署競馬場ボートトレース場

 業務

 本社ビル・本店・支店・営業所・金融融機関支店

 工業

 工場・クリーンルーム・リサイクルセンター

 運輸

 配送センター・物流センター・倉庫冷凍倉庫自動倉庫
 通信・報道  テレビ局・新聞社・テナントビル

 文化

 プラザ・センター・図書館・博物館・公民館

 宗教

 精舎・教会・礼拝堂・研修センター

 教育

 小学校・中学校・高等学校・大学・大学院・体育館・柔剣道場

 研究

 研究所・開発センター・実験棟

 レクリエーション

 ゴルフ場・水族館・レジャー施設・スーパー銭湯

 医療

 医療センター・個人医院

 集合住宅  住宅、アパート、マンション、大規模マンション

 福祉・厚生

 保育園・幼稚園・特別養護施設

 宿泊

 旅館・老舗旅館再生・ホテル・和風ホテル・レジャー施設・ビジネスビル

 地域計画再生

 再開発/集合住宅/商業開発事業・再開発/商業開発事業  都市開発計画に関連する建築設計に伴う電気設備。

 
     官公庁提出、内訳書、拾い出し、工事積算数量調書(エクセル版)、積算数量算出書(営繕積算システムRIBC)、工事見積書(見積書作成または工事業者へ見積依頼) 
  概算見積業務 
     工事費概算書(当社積算方式による) 、A材料の見積はメーカーに見積依頼。または工事費概算書の作成(国土交通省大臣官房官庁営繕部設備・環境課監修 「建築設備計画基準」による。
 設計業務見積提出業務 
     設計費、現場調査費、環境調査費、消防署(自動火災報知設備、誘導灯設備、誘導標識、自家発電機、蓄電池設備設置に関する事前協議費算出。電力供給会社、NTT、ケーブルテレビ、
      インターネット回線等の引込事前協議費算出。
 調査業務 
    @ 現場調査                   建築物既存改修、建築物移転、建築物仮設事業、既存建築物撤去等に伴う電気設備の現況調査をいたします。 
                             全国どこでも調査いたします。 (設備設計事務所)
    A 電力会社による現場調査        電力引込に関する事前協議と打合せをいたします。 (設備設計事務所)
    B 消防署と事前協議           自動火災報知設備、誘導灯設備、非常灯設備 (階段等の連携)  (建築設計事務所)         
    C 非常用発電機の設置          設置届出との事前協議 (設備設計事務所)
    D 建築確認申請             非常灯設備の事前協議 (建築設計事務所)  
 現場監理業務 
      自社設計における監理業務
 委託業務 [建築設計事務所向け] 
 電気設備設計 特別高圧、高圧、低圧、太陽光受電設備等の設計。
 拾い出し業務 (単価入れ) 拾い出し。エクセル版で提出。拾い出しのみ/拾い出し+単価入れ
 公共拾い出し業務(都道府県別) 拾い出し。工事積算数量調書(エクセル版)で提出。拾い出し+複合単価入れ(都道府県別) 単価の記載なき場合は調査。拾い図(カラー版)も同時に作成いたします。

 積算書

a 工事費内訳書     工事積算数量調書(エクセル版)で明細書に記載。
b 工事積算数量調書   拾い出しのデータを記載。 
c 工事積算単価調書   電気設備工事積算マニュアル(都道府県版) 複合単価の算出。  
  ・労務単価一覧表及び使用物価版一覧表  複合単価計算表には歩掛りの根拠とした書籍及びその掲載頁を記載するものとする。

  ・代価表

  ・別紙明細書

  ・複合単価表
  見積書及びカタログ
  ・見積及びカタログ比較表
  ・刊行物比較表
  単価根拠を物価版とした場合に限り、参照頁と出典のわかる表紙の写し
 単価

単価は原則として次に掲げる図書の単価入力時における最新号(以下、「物価版」という。)を使用するものとし、それぞれの物価版は同時期のものする。また、使用する物価版の選定には発注先担当者の承諾を要するものとします

a 県単価 b 建設物価(都道府県ごとに単価を記載) c 建築コスト情報 d 積算資料 e 建築施工単価

 数量

数量調書は、電気設備工事積算数量算出書とし、計算ソフトを使用して作成いたします。

 電気設備工事積算数量算出書 営繕積算システムRIBC ()建築コスト管理システム研究所による。(官公庁指定)
 技術資料の作成
 建築設備設計計算書 (電気設備) 照度計算書
負荷容量の選定 照明器具、コンセント、拡声用増幅器、テレビ共聴増幅器、火災受信機、電灯分電盤内組込機器
動力設備負荷表 (常用回路) 各分電盤ごとに
動力設備負荷表 (発電機回路) 各分電盤ごとに
動力負荷設備容量集計表 各分電盤ごとに
電灯分電盤回路構成表 各分電盤ごとに
電灯分電盤回路構成計算書 (1) 各分電盤ごとに
電灯負荷設備容量集計表 各分電盤ごとに
変圧器容量計算書 単相・三相・スコット
短絡電流計算書(三相3線) 各分電盤ごとに
短絡電流計算書(単相3線) 各分電盤ごとに
ケーブル許容電流計算書 高圧受電設備、低圧、動力分電盤、動力負荷
電圧降下(幹線) 電灯・動力
電圧降下(分岐) 電灯・動力
力率改善用コンデンサ容量計算書 単相・三相・スコット
直流電源装置計算
直流電源装置計算書
非常用発電設備計算書
太陽光発電計算書
テレビ共同設備 テレビ端子電圧計算書
 既存電気設備設計図電子化変換委託業務 製本→JWW PDF版→JWW 建築図作成可 建築図(JWW)のご支給のご選択を願います。
 委託業務 [電気設備工事業向け] 
 電気設備設計 高圧、低圧、太陽光受電設備等における設計。
 提出用見積書作成の種別 a 拾い出し(見積書作成なし) b 拾い出し/単価入れ/A材見積(地域の電設資材店に依頼)またはお客様からメールにてA材見積書をお送り下さい。
(拾い出し/単価入れ/A材見積依頼可/見積−原価対比表/補充率表)全てエクセル版で提出。見積書はPDF版にて提出。
 公共拾い出し業務(都道府県別) 拾い出し。工事積算数量調書(エクセル版)で提出。拾い出し+複合単価入れ(都道府県別) 単価の記載なき場合は調査可。拾い図(カラー版)も同時に作成いたします。
 施工図作成業務 ご相談下さい。mail
 既存電気設備設計図電子化変換委託業務 製本→JWW PDF版→JWW 建築図作成可 建築図(JWW)のご支給のご選択を願います。mail
 施工計画書策定業務 エクセル版・PDF版を提出いたします。
 お客様のご要望にお応えする委託業務 例)紙図面をJWWに変換。
業務で時間のない状況で、解決に向けて業務の「難」を回避いたします。すぐに、メールにてご連絡をお願い致します。
できないという前にできる方法を必ず考えます。ご相談下さい。mail
 建築図設計準備室 電気・機械設備の設計始める前に建築設計図の整理・不要部分を削除いたします。
提出はレイア1パターンとなります。
 軌跡の予算書の実現化業務 作成条件 : 建築平面図 建築場所の住所(番地記載要) 電気の設計図なし、プロットのみ等の状況で見積書の提出を要求された場合に適しています。A材はQ盤・盤類  発電機等をメーカより見積依頼。見積書に反映します。
 電気設備工事業関連セミナー 
 JWWCAD 1DAYセミナー 1DAYでCAD_jww 電気設備図が描けます。テキストと復習・予習の繰り返しで習得できます。毎日1ヶ月間CADを忘れずに触って下さい。テキストの販売をするのではなく、セミナーテキストとして、当日配布します。
 施工計画書策定セミナー 策定するためにエクセルで作成したProjectCでセミナーを実施いたします。
 拾い出しセミナー 拾い出しは手作業ですが、スピード、拾い出し技術の向上は無駄にはならない経験値を今でも重ねています。このセミナーは、CADと拾い出しとの連携をご一緒に考えたいと思います。
 拾い書・拾い図セミナー 官公庁向け 工事積算数量調書と拾い図の連携を体験して頂きます。拾い図はカラー版です。
 積算・見積セミナー 初級 住宅の見積体験。積算見積ソフトを活用します。
 積算・見積セミナー 上級 小工場の見積体験。積算見積ソフトを活用します。
 積算・見積セミナー 実践 官公庁の設計図を拾い出し。見積−原価の対比を積算見積ソフトを活用します。現実の原価を知ることがセミナーの目的です。
 積算・見積セミナー 女性向け 女性向け 社員の方、アルバイトの方、将来正社員として雇用を予定されている方。
 電気設備工事向け経営セミナー 
 電気設備工事業向け 「経営の見える化セミナー」

 電子オフィスの実現は経営改善が統制され、仕入先、協力業社と電子化の連携が強化され「経営の見える化」が実現されます。意思決定のための確かな情報を得るために、ポータル・アプリケーションを活用し仕事のスピードを速くすることが経営の見える化です。
 業務の見える化では、
人の動きとして、営業・施工・見積作業・工事工程の進捗状況を可視化するためには、問題点等をいち早く、決裁業務をワークフローで電子回覧することが、「見える」ことで滞留が減り、業務全体を効率化することができます。
 課題の見える化でも、
ワークフロー・文書管理・統合業務管理・日報情報管理・報告情報管理・見積情報管理・積算/拾い出し管理・ファイル情報管理・ファイル情報管理・CAD設計管理・積算・見積と統合業務管理の連携、広範な業種に対応可能な案件受注対応型基幹業務アプリケーション等の統合により、リアルタイムで把握でき、意思決定のスピードもより一層速くなります。セミナーでは、多くの企業の電子化担当者の方にプレゼンテーションをご覧いただいております

 経営統合関連セミナー(電気工事業向け) 
 営業セミナー 営業十カ条、近江商人から学ぶ戦場の環境状況を学びましょう。戦場とは、経営方針、経営理念を妨げないか。妨げられる予測の場を戦場と表現します。経営理念は多くの方に認めていただきたいものです。
 経営の見える化セミナー 経営統合編 電子オフィスの実現から経営改善するための経営者セミナーです。次期後継者の方、経営の継承はどのようにすれば・・・
それは、経営を見える化にすることです。見える化は電子化経営の始まりです。事務所すっきり、倉庫すっきり、経営キッチリですね。
 経営計画書策定セミナー 社内全体が「感動充実」を成し遂げるための計画です。実現化するためには、プロジェクトマネージャとチームの努力です。経営理念が企業の発展・繁栄をもたらす。能力の限界との闘い企業の体力の範囲内でチャレンジしていく。業務プロセスの自動化、最適化、効率化を、これまでにない短納期・低コストを実現します。チーム力は、企業の力ではありません。人のやる気が本気である証の総合力です。
 経営論セミナー

勘と運と度胸の経営では、今後経営ではなく、商売が多くなります。商売では、その時任せの仕事しかできなくなります。公的社会に電気を必要とする方に、すばらしい技術を与えていきませんか。今から、すぐに、経営の学びを始められ、1,2年後に社長業を継承または独立されることを願ってこのセミナーを実施しています。現役の経営者のご参加もいただいています。

 人材育成セミナー

経営陣、部門別管理者、社員の3部門ごとに実施いたします。専門基礎知識と育成の連携により、マネージメントチームを結成し、一時的な育成期養育ではなく、人を見守り、どんな分野でもサポートとアドバイスを欠かさないよう日々の育成に対する探求が必要になります。チームリーダーに相応しい方の選出も大変ですが、企業に「教え」があれば、育成を学ぶこともなく、「教え」を教えてくれる方がおられることになります。セミナーでは、マネージメントチームの結成時までに、企業に相応の「教え」の教科書を経営陣の方と協議の上作成いたします。社員の方々のご意見もお聞きします。

 電子化経営推進業務 
    各業界へ開発された電子化製品を通じて、電子化経営を提唱します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  名称  株式会社 美彩光
  所在地  〒521-1334 滋賀県近江八幡市安土町西老蘇904番地
  電話番号  0748-26-2164
   FAX番号  0748-26-2164
copyright (C) 2017. BISAIKOU Co.,Ltd All Rights Reserved